【開催レポ】Minecraft Day ・SDGsを学び実践しよう!

2021年8月1日、「Minecraft Day・SDGsを学び実践しよう! 」をSEASIDE OFFICEで開催しました。会場4名、オンライン5名の計9名の子どもたちが参加しました。

今回のMinecraft Day、テーマはSDGs「「目標10 人や国の不平等をなくそう」です。

本活動は財団法人金秀青少年育成財団から2021年度(令和3年度)青少年育成助成を受けて行っています。

SEASIDE OFFICEさん、いつもありがとうございます!

短い時間に集中して試行錯誤をしていました。


こちらはピストンのブロックでいろんな装置の製作に取り掛かっています。

最後は作品・取り組み発表会! 村人に作物が行き渡るための自動作物収穫設備を確認しました。

こちらは地下に村人のための施設を建築。左側の部屋にはベットが並んでいます。

地上には村人に食料を配給するための施設もありました。

最後は集合写真を撮りました。みんなのがんばり、見せてもらいました。


コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】CoderDojo名護

2021年8月1日、CoderDojo名護をSEASIDE OFFICEで開催しました。写真撮影&3Dプリンタ体験に1名、マインクラフトのMod作り体験に2名の参加がありましました。

糸数さん、サポートありがとうございます!

写真撮影体験では雨天の中、束の間の晴れ間に撮影をしました。

いろんな写真を撮ることができました。写真を選んで、プリントして、タイトルをつけました。

3Dプリンター体験では、Thingiverseからデータを選んで、プリント開始。完成が楽しみです。

クッキー作成用のイチゴ型型枠とキーホルダーが完成しました。この後、キーホルダーには色を塗りました。

MCreator組は防具を作ろうとネットで情報収集中です。


 コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】MCreatorでマイクラのMODを作ろう!

2021年7月31日、「MCreatorでマイクラのMODを作ろう!」をオンラインで開催しました。オンライン2名の参加がありましました。

本活動は、一般財団法人YS市庭コミュニティー財団からの助成をうけて開催しています。

今日の参加者は二人ともMCreatorの経験者だったので、モクモク会と発表会となりました。

これからMCreatorに取り組まれる子はCoderDojo名護のnote「MCreatorでマインクラフトのMODを作ろう!」には基礎的なこと書いていますので参照ください。

経験値をめっちゃ出してくれるMobをやっつけてレベルが1082! もうひとりの参加者の作品はキャプチャーし間違いで保存してませんでした。ごめんなさいー。


 コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Minecraft Day ・SDGsを学び実践しよう!

2021年7月31日、「Minecraft Day・SDGsを学び実践しよう! 」を名護こども食堂で開催しました。会場6名、オンライン1名の計7名の子どもたちが参加しました。

本活動は財団法人金秀青少年育成財団から2021年度(令和3年度)青少年育成助成を受けて行っています。

今回のMinecraft Day、テーマはSDGs「「目標3 すべての人に健康と福祉を」です。


今回は教育版マインクラフトを使ってマルチプレイをしました。教育版マインクラフトにしかない元素ブロックに興味津々です。

みんなで医療施設や福祉施設の建築に取り組みました。

完成!

すばらしい作品見せてくれてありがとう!

名護こども食堂のみなさん、いつもありがとうございます。


コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Blockbenchでマイクラのスキンを作ろう!

2021年7月25日、「Blockbenchでマイクラのスキンを作ろう!」を名護市マルチメディア館で開催しました。会場3名、オンライン1名、合計4名の参加がありましました。

本活動は、一般財団法人YS市庭コミュニティー財団からの助成をうけて開催しています。

7/25のイベントにに参加した皆さまから2,300円の寄付金をいただきました。消耗品の購入などに活用します。ありがとうございます!

本イベントではBlockbenchでマイクラのスキンを作る方法について説明をしました。

CoderDojo名護のnoteマガジン「Blockbenchでマイクラのスキンを作ってみよう!」を参考に、ワークショップを進行しました。

子どもたちが作ったスキンを紹介します。パソコンを日頃使っていない子どもたちもマウスとキーボードを使って完成させました。「家でもやりたい」とのこと。BlockBenchはWebアプリもあります!


 コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Minecraft Day ・SDGsを学び実践しよう!

2021年7月25日、「Minecraft Day・SDGsを学び実践しよう! 」を名護市マルチメディア館で開催しました。会場6名、オンライン5名の計11名の子どもたちが参加しました。

本活動は財団法人金秀青少年育成財団から2021年度(令和3年度)青少年育成助成を受けて行っています。

7/25のイベントにに参加した皆さまから2,300円の寄付金をいただきました。消耗品の購入などに活用します。ありがとうございます!

今回のMinecraft Day、テーマはSDGs「「目標17 パートナーシップで目標を達成しよう」です。


マイクラ初めての子の参加もありました。

ゲーム機でマイクラやっている子はパソコンでの操作方法を確認。

開催日前々日の2021年7月23日はCoderDojoがアイルランドで始まってから10年の記念日でした。CoderDojoはボランティアによる無料のプログラミングクラブで、現在100カ国以上に広がっています。世界に広がるCoderDojoの10周年をお祝いしました。

海上には船を作りました。世界のパートナーにつながる象徴かな。

カラフルなウォータースライダーも作りました。左側には階段があり、降りるとりきは2つのルートがあります。完成後、みんなで楽しみました。


コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Scratchで海の生物を描いてみよう!

2021年7月23日、「Scratchで海の生物を描いてみよう!」をSeaside Officeとオンラインで開催しました。会場2名、オンライン3名、合計5名の参加がありましました。

ファシリテーターはSeaside Officeのおせっかいネーネーさんでした。Scratchでのイラストの描き方、ベジェ曲線の描き方について説明してもらいました。

本活動は、一般財団法人YS市庭コミュニティー財団からの助成をうけて開催しています。

保護者の方から1,000円の寄付金もいただきました。ありがとうございます。

参考資料の海の図鑑もありました。

Scratchのお絵かき機能、とてもべんり!

アニメーションにも挑戦しました。

これはたぶんタコ焼きからの着想?

パーティータイムな海の中も見せてくれました。

 Scratchをしながら3Dプリンタでも遊びました!

MCreatorもやったり、雨の中楽しみました!


 コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Minecraft Day ・SDGsを学び実践しよう!

2021年7月23日、「Minecraft Day・SDGsを学び実践しよう! 」をSeaside Officeで開催しました。会場2名、オンライン2名の計4名の子どもたちが参加しました。

本活動は財団法人金秀青少年育成財団から2021年度(令和3年度)青少年育成助成を受けて行っています。

テーマはSDGs「「目標16.平和と公正を全ての人に」です。

ワールドに入るとまず作りたかった装置を形に。テーマに結びつく??

活動場所に砂漠の村を選びました。こちらは地上で建築を始めています。

こちらは地下を掘りはじめました。

地上勢は丘の上まで階段を作ります。

そして丘の上に施設を立てています。

こちらも建築中。

こちらは地下に。

こちらは砂漠に。CoderDojoなのでrが足りないね!

地下の施設には魚が泳ぐ水槽もありました。

丘の施設から見る眺めはいいかんじ。

丘の上の施設は村人のための施設とのこと。

丘の上の施設の前で集合写真を撮りました。丘の上と地下に村人を守るための施設を作りました!


コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】MCreatorでマイクラのMODを作ろう!

2021年7月18日、「MCreatorでマイクラのMODを作ろう!」をSeaside Officeとオンラインで開催しました。会場4名、オンライン2名、合計6名の参加がありましました。

本活動は、一般財団法人YS市庭コミュニティー財団からの助成をうけて開催しています。

保護者の方から2,000円の寄付金もいただきました。ありがとうございます。

会場参加4名のうちMCreatorを使うのが初めての子は2名でした。

MCreatorを使ったことがある子たちが初めてMCreatorを使う子たちに新たなブロックの作り方などを説明しました。

これからMCreatorに取り組まれる子はCoderDojo名護のnote「MCreatorでマインクラフトのMODを作ろう!」には基礎的なこと書いていますので参照ください。

こちらはオンライン参加者から最近取り組んでいるMod作りについての発表。ひたすら爆発!

初参加者は遠距離武器の作成にも挑戦しました。しかしこちらはテストしてみたら向きが逆。トライアンドエラー中です。

こちらも初参加者の作品。遠距離武器を披露してくれました。


 コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Minecraft Day ・SDGsを学び実践しよう!

2021年7月18日、「Minecraft Day・SDGsを学び実践しよう! 」をSeaside Officeで開催しました。会場3名、オンライン3名、合計6名の子どもたちの参加がありました。

本活動は財団法人金秀青少年育成財団から2021年度(令和3年度)青少年育成助成を受けて行っています。

テーマはSDGs「目標12.つくる責任つかう責任」です。

紙のリサイクル設備の発表がありました。

こちらはアイテムを新たにクラフトする設備の発表もありました。

ゴミ処理場の発表がありました。

こちらは高ーい木の上に設備を置く参加者もいました。

みんなお疲れ様でした!


コーダー道場名護は子どもたちや17歳までの若い世代を対象としたプログラミングクラブです。テクノロジーに興味のある皆さんが集うコミュニティです。

 ゲームやアニメを作ったり、電子工作をしたり、ロボットでサッカーをしたり、コンピューターの中に建物を作り冒険したり、学びつくり表現しています。

名護市など沖縄県の北部地域で活動をしています。

参加費は無料です。

コーダー道場名護はボランティアによって運営されています。ボランテイアメンバーも募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com