9月 2020アーカイブ

【開催レポ】CoderDojo名護×名護こども食堂

2020年9月19日(土)、「CoderDojo名護×名護こども食堂 」を開催しました。

大中公民館に5名の子どもたちが参加しました。

マインクラフトでマルチプレイ、楽しいよね!

YouTube動画を参考に「このコマンド入力して〜。
ワンパンでエンダードラゴン倒したい!」とのこと。

パソコン版のマイクラ初挑戦。家建築中です。


レゴでも建築中です!

運営に協力いただける方を募っています。 
定例的な協力でも、スポット的な協力でも!

CoderDojoのガイドラインを遵守し、資金を募っています。
ご協力いただける方を募集しています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com


コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

【開催レポ】久留米大学からの名護市立屋部学校における遠隔授業その2

2020年9月8日(火)、名護市立屋部小学校において久留米大学・学生サークルteam.csvと連携した遠隔授業を実施しました。全3回のうちの2回目です。
CoderDojo名護は開催のサポートをしました。
屋部小学校のパソコンクラブ員26名の参加がありました。

久留米側、開始3分前です。1回目と役割をローテーションしています。緊張感あり!

まずは久留米大学の学生のみなさんと屋部小学校の生徒さんのアイスブレイクタイム。久留米と名護がどのくらい離れているか確認しました。

子どもたちクイズに元気に答えてくれました。久留米側も盛り上がります。


第1回目に作ったプログラムの復習をしました。micro:bitひかるかな?

学生のみなさんの真剣な表情。屋部小学校の子どもたちのためにありがとうございます!

子どもたちはプログラムの改造に挑戦しました。

いろんなLEDの光らせ方に挑戦したり、micro:bitを振ってLEDを表示させる子もいました。
おつかれさま! 次回は2週間後、信号機づくりに挑戦します!


屋部小学校の上間先生、久留米大学の木下先生ありがとうございました。
子どもたちのみんな、おつかれさまー。

コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】CoderDojo名護

2020年9月13日(日)、CoderDojo名護を開催しました。

ロボットプログラミングの予定がハックフォープレイ をはじめる子どもたち。午前中は3名の参加がありました。


午後はMinecraftカップの勉強会その①、Minecraftカップオンラインワークショップを視聴しました。オンサイト3名、オンライン1名の参加がありました。

こちらはMinecraftカップ勉強会その②の様子です。一般財団法人沖縄県公衆衛生協会の若林さんからSDGsについて説明を受けました。オンサイトで2名、オンラインで3名の参加がありました。若林さん、ありがとうございます!

CoderDojoゴザの大城さんにもサポートいただき、最後は参加者の皆さんにMinecraftカップの作成状況を発表してもらいました。

参加した子どもたち、サポートしていただいた皆様、ありがとうございました。

コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】久留米大学からの名護市立屋部学校における遠隔授業その1

2020年9月8日(火)、「久留米大学からの名護市立屋部学校における遠隔授業その1」を開催しました。
CoderDojo名護は開催のサポートをしました。
27名の参加がありました。

久留米大学・学生サークルteam.csvのみなさんに講師を勤めていただきました。ありがとうございます。開始30秒前です!


はじまりはじまり〜。普段のパソコンクラブとは一風変わった回となりそうです。

久留米と名護をつないでの遠隔授業、運営する側もわくわく・どきどきします。

まずはパソコンを触る前に紙のブロックでプログラミング的思考とは何かをつかみます。

学生のみなさん、笑顔もあり余裕ですね。

次にMakeCodeでmicro:bitをウェブ上で体験。

遠隔授業、力はいります。

そして最後にmicro:bit現物を使ってのプログラミング。久留米大学team.csvからお借りしたmicro:bitを使わせていただきました。ありがとうございます。

屋部小学校の上間先生、久留米大学の木下先生ありがとうございました。
子どもたちのみんな、おつかれさまー。来週また会いましょう。

コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】HackforPlay Day(オンライン)

2020年9月6日(日)、「『ハックフォープレイ1時間チャレンジ』に参加しよう!(オンライン)」を開催しました。
2名の参加がありました。

『ハックフォープレイ1時間チャレンジ』は1時間でテーマにそったステージをつくるイベントです。

今回のテーマは「倍返し」でした。お題はみんなのステージに公開されます。

Zoomを使って雑談しながら、制作作業をすすめました。

見学者の方ともハックフォープレイ やCoderDojoの情報交換をしました。

公開した作品1つ目「倍返し アニメ 適当」です。今は夏が終わり・・・ですが。ほのぼのした花見のシーンからはじまります。

二つ目の作品は「半沢直木」です。画面を移動する方法などいろいろなギミックが詰め込まれています。

参加ありがとう!

コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com

【開催レポ】Minecraft Day(オンライン)

2020年9月5日(土)、Minecraft Day(オンライン)を開催しました。
全国から9名の参加がありました。

今日のテーマは「新しくなったネザーに行ってみよう」です。
この頃はテーマをもってクリエイティブをしていましたが、久々のサバイバルです。
はじまりはじまり〜。

・・・と思ったら、

うーん、なにかまとまりがなくシャキッとしません。

ワールドをクリエイティブに切り替えて、仕切り直し。

子どもたちはクリエイティブのワールドからネザーにいったりジ・エンドまで行ってエンダードラゴンを倒したりしました。

集合写真を撮りました。あれ?おしり向けてる?

マイクラは子どもたちを魅了する素晴らしいツール。だけど、どう使うのかって難しいなと再確認した1日でした。

ルールや目的をつくるとモチベーションは下がるし、ないと滞るし、さじ加減に悩みました。

子どもたちの爆発的な力、発想力を損なわず、楽しくできるやり方を模索中です。

みんな、参加ありがとう!

コーダー道場名護はこれからもモノ作りや表現すること、情報技術諸々の大好きな子どもたちの参加をお待ちしています。

次回のコーダー道場名護の開催は下記サイトでお知らせいたします。
https://coderdojo-nago.connpass.com